ほとんどの家庭で火災保険は、付帯していますが、火災保険は、総合保険で、自然災害以外の事故でも使えます。

火災保険で使える事故とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
火災保険で使える事故とは

火災保険で使える事故

火災保険で使える事故とは
ここ10年くらいの火災保険は、総合保険となっており、火災、自然災害以外でも利用できます。火災保険は、ほとんどの家庭で加入しており、賃貸でも家財の火災保険に加入することが、必須です。マンションや鉄骨構造の戸建、耐火性能のよい木造は、保険料が安いので、補償を手厚くしておくと便利です。

賃貸でも持ち家でも、オススメなのが、個人賠償責任補償です。賃貸では、強制的に加入義務のある家財の火災保険に、自動的に付帯されていることが多いです。持ち家の場合は、基本的なプランには、含まずに提案されることが多いです。補償内容は、日常生活における偶然な事故で、怪我させたり、壊したりしたときの補償です。具体的には、自転車で人をはねたり、ペットが他人をかんだりした場合です。これは、保険会社にもよりますが、家族や別居の子ども、海外での事故も含まれることもあります。自転車の事故は、年々責任が重くなってきています。社会的地位の高い人や小さな子供を怪我させたり、死亡されると、億単位で損害賠償が発生することもあります。契約内容によっては、上限が、億単位でけいやくできますので、安心です。示談代行の補償があれば、代わりに交渉などをしてくれるので、とても安心です。個人賠償責任補償は、医療保険や自動車保険にも付帯されていることがありますが、火災保険の特約として、契約するのが、一番お得です。ただし、重複しているとどちらかが無駄になります。

昔の火災保険は、時価で計算され、実際に事故が起きたときに、十分な修理ができないという問題がありました。今は、再調達価額となりましたので、再築する費用や、実際にかかった費用を補償してくれます。自動車保険のように事故によって保険料が上がるということもありません。ただし、ほぼ全焼した場合などは、契約が完了することがあります。家事、自然災害の他にも、契約内容によっては、盗難被害、突発的な事故、水災なども補償されます。生活していて起こりうる事故は、ある程度火災保険で、補償されます。

Copyright 2017 火災保険で使える事故とは All Rights Reserved.