つい先日、事故を起こしてしまいました。車が大きくへこんでしまったので、保険を使用しました。

火災保険で使える事故とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
火災保険で使える事故とは

事故を起こして保険を使用

火災保険で使える事故とは
事故というのは、本当に嫌なものです。気を付けていても起こしてしまいます。先日、家の駐車場から出てほんの数十メートル先の交差点で事故を起こしてしまいました。一時停止を無視して車が突っ込んできたのです。よけきれずにバンパーに接触してしまいました。車は大きくへ子に真下が、幸いお互い怪我はありませんでした。

後でもめないように、警察を呼んで現場検証もしてもらいました。あと数年で車を買い換えようと思っていたので、この際新車を購入しようとも考えましたが、直すことにしました。加入している自動車保険の担当者に聞いたら、バンパーの凹みくらいだったら、それほど費用は掛からないから直したほうが良いと言われたからです。自動車関係の仕事をしている兄にも聞いてみたら、全く同じことを言っていました。もしも保険に加入していなかったら、全て自分で支払わなければいけません。やっぱり保険には加入しておくべきだとつくづく思いました。今回は車同士の事故でしたが、もしも車と自転車だったらもっとひどいことになっていたと思います。今回の事故を教訓にして、運転について考えてみたいと思います。脇道があれば、もしかしたら車か人が飛び出してくるかもしれない、と最悪の場面を想定して運転する。あまりスピードを出さないようにする。焦らずに穏やかな気持ちで運転する。この三つをちゃんと守れば、もう二度と事故は起こさないと思います。私だけでなく、妻にも守るように言いたいと思います。

おすすめ情報

Copyright 2017 火災保険で使える事故とは All Rights Reserved.