事故を起こしてしまい、初めて保険を使うことになった。交渉に関して、プロらしい対応をしていただき感謝している。

火災保険で使える事故とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
火災保険で使える事故とは

事故を起こして初めて保険のありがたさを知った

火災保険で使える事故とは
不注意で事故を起こしてしまい、初めて保険を使うことになりました。事故の内容は、私の前方不注意による追突です。幸い、車の損傷もわずかで、運転者自身にもけががなく、お互いに保険会社に交渉を任せるということで話が決まりました。しかし、相手の方は大丈夫と言ってくださったのですが、相手の家族の方から不満が出て、全て順調に話が進んだわけではありませんでした。そんな時、保険会社の方が、交渉に関しては常に一緒に動いてくださったり、相手の方の心証を悪くしないような話し方などをアドバイスしてくださいました。結局、自動車保険を使うまでもなく、自賠責保険で処理出来ることになりましたが、最後までプロらしい対応をしていただいた事に感謝しています。

実際に事故を起こすまでは、保険はお守りのようなものだと考えていましたし、保険は賠償金の不足を補ってくれるもの、といった認識でした。しかし、今回の出来事で、保険に入っていることは、お金の面だけでなく、メンタルな面での支えになっているのだと強く思いました。自分の側に立って一緒に考えてくれる人がいるという安心感は、とてもとても大切なものでした。

もちろん、事故は起こさない方がいいに決まっていますし、起こしたいとも思いませんが、保険に入っていることで、少しでも最悪の結果から逃れられるということは間違いありません。もし保険に入っていなかったらと思うとゾッとします。保険に入ると掛金が高いと不満に思っていましたが、事故においては、とても頼りになる存在なので、これからは文句が言えないな、と思いました。二度と事故を起こさないよう、保険がお守りで済むように、安全運転を心がけたいと思います。

おすすめ情報

Copyright 2017 火災保険で使える事故とは All Rights Reserved.